餃子作りの悩み解決!テレ朝・林修の教え子・伊沢拓司登場!ネタバレ

この記事は約2分で読めます。

主婦の味方! 餃子作りでお悩みではありませんか?


林修先生の教え子、東大卒クイズ王の伊沢拓司が解決してくれます。


4月28日(火)よる7時~、テレ朝の【林修の今でしょ!講座 2時間SP】ネタバレ


このブログは、番組で放送されたお悩み解決策を、見逃した方に向けて発信します。


解決するお悩みは、3つ




スポンサーリンク

フライパンにくっつかない!

上手に焼けたと思った餃子が、フライパンにくっついてボロボロ!



【原因】

餃子がフライパンにくっついてしまうのは、熱を加えたときに、餃子の皮のでんぷんが、糊状になってしまうから。



【解決策】

糊を剥がす効果がある調味料を加える。

お酢!

お酢に含まれる酢酸が、小麦粉が水と一緒に加熱されることで生まれた糊を、溶かす効果がある。




【応用】

焼きそば焼うどんが、くっついちゃう時にも応用できる。



ジューシーさがない!


【原因】

肉汁が外に出てしまうために、ジューシーさがなくなる。





【解決策】

餃子の餡の中に、肉汁を閉じ込める食材を加える

具体的には、油揚げを細かく切って餡に加えると、油揚げが肉汁を吸って閉じ込めてくれる。




【応用】

ハンバーグに油揚げを加えると、ジューシーさがUPする。




羽根つき餃子が上手にできない!


【原因】

一般的には、水に溶かした小麦粉で羽根を作る。

しかし、ドロドロになって羽根にならないことが多い。




【解決策】

ポイントは、適度な焦げをつけること。

タンパク質が豊富な食材を使うと、メイラード反応が起こりやすく、焦げになりやすい。




適しているのは、”粉チーズ”。

50~60℃のお湯80mlに、大さじ3杯の粉チーズを溶かす

そして、熱した餃子に加えて焼くだけ。



小麦粉の3.5倍のタンパク質が、羽根をきれいに簡単に!

メイラード反応で、きつね色の焦げができる。



★メイラード反応★ とは?

わかりやすい説明としては、

「玉ねぎを炒めたら黄金色になるやつ」



まとめ

林修の教え子、伊沢拓司徹底調査で、餃子作りのお悩みが見事に解決!


テレ朝の「林修の今でしょ」は、役に立ちます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました