2冠・8段に王手!藤井棋聖が王位戦3連勝で最年少での記録にリーチ

この記事は約2分で読めます。

#藤井棋聖 #王位戦 #2冠 #8段 #将棋



将棋の第61期・王位戦は、木村一基王位藤井聡太棋聖


第3局が、8月4日~5日、神戸市の有馬温泉中の坊瑞苑で指されました。

AbemaTV生中継



木村一基王位

昨年、最年長の46歳で、初タイトル(王位)を獲得し注目されました。

今期は、初めての防衛戦になります。


挑戦者の藤井聡太棋聖

ここちらは、最年少でデビューすると、無敗での29連勝・新記録樹立。

その後も、最年少記録を次々と塗替え中。


先月、最年少で棋聖を獲得しています。



スポンサーリンク

3連勝で王位獲得に王手



結果は、先手番の藤井棋聖149手で勝利しました。


これで、藤井棋聖が3連勝。

あと1勝で、王位獲得です。



最年少で2冠・8段

現在18歳0か月の藤井棋聖。


棋聖と王位の2冠となると、8段に昇段します。

これは、いずれも最年少記録となります。



(現在の最年少記録)

8段は、加藤一二三9段の18歳3か月。

2冠は、渡辺明2冠の21歳7か月。



封じ手チャリティー

先月の第2局(7月13・14日、札幌市)と同様に、封じ手を3通作成しました。


これは、通常の2通に加えて、チャリティー用に1通多く作るものです。


今回の第3局の封じ手は、木村王位が46手目を封じました。



第4局は、8月19・20日

最年少で、2冠・8段の記録がかかる注目の第4局。


2週間後の福岡での対局は、AbemaTVで生中継されます。


リアタイ視聴で応援しましょう。

将棋
スポンサーリンク
hiroshiをフォローする
旬 気になる・知りたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました