養子の数の制限でも色々なケースがある。代襲相続人は実子と判定する

代襲相続相続税
この記事は約2分で読めます。

#養子 #制限 #代襲相続人 #実子


節税は合法です。


お得に節税しましょう。


このブログでは、相続税の節税対策を取り上げています。


今回は、

代襲相続が絡んだ【養子の数の制限】。



スポンサーリンク

養子と代襲相続


相続税の節税対策・その1は、養子です。

養子を増やして、相続税を節税する。


この節税対策の注意点に、「養子の数には上限がある」ことも、以前書きました。


今回は、ここで代襲相続が絡むと、どうなるかを考えます。


代襲相続


設例では、養子の数の制限のために、「実子がいない場合は養子は2人まで」。

相続人の人数は、奥様と養子2人で合計3人となるようにも思います。

しかし、答えは、4人です。


(説明)

先に亡くなった養子Aの子供である、お孫さんD,Eは代襲相続人になります。

この代襲相続人は、「実子とみなされます」

※相続税法15条3項2号


この結果、

奥様と、代襲相続人2人、養子1人(BかC)で合計4人と計算できます。

実子がいる場合には、養子は1人まで。


【関連記事】

養子を増やして相続税を節税する。その仕組みとは?節税対策その1


養子を増やして、まさかの争続?相続税の節税対策には4つの注意点が



まとめ

相続税の節税で、養子を増やして節税する。


さらに個別事例で、代襲相続が絡んだ【養子の数の制限】についてみてきました。


なかなか簡単ではありません。


このブログがきっかけで、節税できることを祈念します!


最後までお読みいただきありがとうございます。


なお、困ったことがあれば、気軽に相談してください。


【関連記事】


目次・養子関連ブログを検索しやすく。養子を増やして相続税を節税



コメント

タイトルとURLをコピーしました