青空駐車場は構築物の敷地でない場合には小規模宅地等の特例は非該当

駐車場相続税
この記事は約3分で読めます。

#青空駐車場 #構築物 #小規模宅地等の特例 #相続税 #節税



節税合法です。

大いに節税しましょう。


今回も相続税の節税対策で、小規模宅地等の特例を取り上げます。

特例が受けられる宅地等は、建物又は構築物の敷地として利用されている土地です。


したがって、空き地は非該当です。

また、青空駐車場で何ら手を加えていないケースは、特例が受けられません。



スポンサーリンク

青空駐車場

建物や構築物の敷地であれば、小規模宅地等の特例の対象になります。

それでは、青空駐車場はどうでしょうか?


実は、青空駐車場の場合、特例の対象になるものと、ならないものがあります。

その違いは、一言でいうと、物的な施設があり、処分面で制約があるかどうか


特例の対象にならないケースとは?

  • 砂利敷き程度
  • 通路部分のみアスファルト舗装
  • 金属製パイプのフェンス
  • 看板のみ



構築物の敷地

全面アスファルト舗装であれば、特例に該当すると考えられます。

駐車場の多くは、アスファルト舗装に加えて、車止めや料金精算機などが設置されています。

境目は難しいですが、より物的施設があるかどうか、ということになります。


【関連記事】


忘れずに受けたい「小規模宅地等の特例」。期限内申告で多額の減額!


貸付事業用とは?忘れずに受けたい小規模宅地等の特例で相続税を節税


目次・小規模宅地等の特例のブログを検索しやすく。相続税を節税



相続税のプロの税理士へ

相続税のことはその道のプロ、詳しい税理士に依頼しましょう。

相続税はかなり特殊な税金といえます。

加えて、本当に詳しい税理士、いわゆるプロの税理士が実は少ないこと。

税理士は、全国に約8万人もいます。

しかし、相続税に詳しい税理士はほんの一握りです。


予期せぬ税金がかからないように、プロの税理士にご相談ください。

このブログで取り上げた青空駐車場ですが、小規模宅地等の特例は減額割合が大きいため、否認された場合の影響も大きくなります

したがって、プロの税理士に相談したり依頼することは、絶対といえます。

相続税のプロの税理士に関するブログもあります、参考になると嬉しいです。


【関連記事】


相続税は、相続税のプロの税理士が安心。【無料】で探せます


信頼できる税理士は、紹介サイトで探す。税理士が作成したランキング


実際の手順。理想の税理士探しは、税理士ドットコムなら簡単です!


目次・税理士関連ブログを検索しやすく。選び方、報酬引下げ



19個の節税対策一覧

このブログでは、19個の節税対策を取り上げ、さらに関連する項目も説明しています。



【関連記事】


目次・一覧、19個の相続税の節税対策を調べやすくしました!



まとめ

小規模宅地等の特例を受けることができるかどうかは、相続税額に多額の影響があります。

相続財産全体の状況にもよりますが、数千万円の軽減になることも珍しくありません。

したがって、このブログがきっかけで、節税できることを祈念いたします。


なお、お困りのことがありましたら、お気軽に相談してください




コメント

タイトルとURLをコピーしました