配偶者控除と各種の特例には、お得な組み合わせがあります!

住宅取得相続税
この記事は約4分で読めます。

#贈与税 #配偶者控除 #特例 #お得 #組み合わせ #相続税 #節税



奥様に自宅を贈与して相続税が節税。その仕組みとは?節税対策その2

これは、以前に書いた内容です。


贈与税には、2,000万円の配偶者控除があります。

さらに、相続税では3年以内の贈与加算の対象から除かれます。

この結果、相続財産が減少します。

今日は、この記事の続きです。




スポンサーリンク

組み合わせて上手に節税!

組み合わせる特例とは?


奥様が対象の特例は、他にもあります。

  • 本件の贈与税の配偶者控除
  • 配偶者の相続税額の軽減
  • 相続税の小規模宅地等の特例


これらは、併用できます。

したがって、総合的に検討すればお得です。



ポイントの整理

前の説明と重複しますが、ポイントを整理します。


〇贈与税の配偶者控除

金額で 2,000万円まで。

相続財産が減少して、奥様以外の相続人の相続税も減少します。

登記費用は相続と比べ割高、不動産取得税もかかります。

※相続税法21条の6。


〇配偶者の相続税額の軽減

奥様は、法定相続分まで相続税がかかりません。

(最低 1億6,000万円。)

しかし、奥様以外の相続人の相続税は減少しません。

相続による登記費用は贈与と比べて割安で、不動産取得税は非課税です。

※相続税法19条の2。


〇相続税の小規模宅地等の特例

ご主人が住んでいた自宅の敷地は、330㎡まで80%減になります。

奥様の取得は無条件です。

なお、奥様以外の相続人が取得する場合には条件があります。

相続財産が減少して、奥様以外の相続人の相続税も減少します。

相続による登記費用は贈与と比べて割安で、不動産取得税は非課税です。

※措置法69条の4。



総合的な併用の検討


マイホーム


次のように使い分けることがお得です。


ご自宅の家屋は、奥様に贈与

ご自宅の土地は、相続税の小規模宅地等の特例


設例を踏まえて具体的に見ていきましょう。


◎設例



相続財産は、4億円。

相続人は、奥様と子供さん2人。

自宅は、土地 評価額 6,000万円。

    ( 260㎡)

    家屋 評価額 2,800万円。


◎検討例

各相続人の個別事情や、将来の奥様の相続税(2次相続)なども検討する必要があります。

しかし、ここでは単純な検討で特例の適用例を説明します。


①ご自宅の家屋

贈与税の配偶者控除を適用します。

2,000万円と基礎控除110万円。

持分 2,110/2,800を贈与。

なお、「特定贈与財産」として相続財産の減額対象は2,000万円。

家屋の残りは、690万円。

3年以内の贈与のために加算対象となったケースでは、110万円は相続財産に加算します。


②ご自宅の土地

小規模宅地等の特例で、80%の4,800万円減額。

※奥様か同居の子供さんが相続します。

残額(課税対象)は、1,200万円。

これら、690万円(場合によっては、110万円加算)と、1,200万円を含めて、相続税の配偶者の税額軽減を適用します。


相続財産が他になければ、基礎控除以下で相続税はかかりません。

※相続人が奥様と子供さん2人の場合、基礎控除は4,800万円。


【関連記事~奥様に自宅を贈与】

目次・贈与税の配偶者控除の関連ブログを検索しやすく。相続税を節税




相続税のプロの税理士へ

相続税のことはその道のプロ、相続税に詳しい税理士に依頼しましょう。


相続税はかなり特殊な税金といえます。

加えて、本当に詳しい税理士、いわゆるプロの税理士が実は少ないこと。

税理士は、全国に約8万人もいます。

しかし、相続税に詳しい税理士はほんの一握りです。


予期せぬ税金がかからないように、相続税のプロの税理士にご相談ください。

相続税のプロは、贈与税にも詳しいです。


このブログで取り上げた贈与税の配偶者控除と相続税の特例ですが、適用要件があり注意が必要です。

したがって、プロの税理士に相談したり依頼することは、必須といえます。


相続税のプロの税理士に関するブログもあります、参考になると嬉しいです。

【関連記事】

相続税は、相続税のプロの税理士が安心。【無料】で探せます


信頼できる税理士は、紹介サイトで探す。税理士が作成したランキング


目次・税理士関連ブログを検索しやすく。選び方、報酬引下げ




19個の節税対策一覧

このブログでは、19個の節税対策を取り上げ、さらに関連する項目も説明しています。



【関連記事】

目次・一覧、19個の相続税の節税対策を調べやすくしました!



まとめ

このブログがきっかけで、節税できることを祈念いたします。


なお、お困りのことがありましたら、お気軽に相談してください。




コメント

タイトルとURLをコピーしました