藤井7段が2連勝!将棋王位戦の第2局。最終盤の大逆転勝利。

この記事は約2分で読めます。

#将棋 #王位戦 #藤井7段


7月14日(火)、よる7時41分

後手の藤井7段が、144手の激戦をものにして開幕2連勝しました。


将棋・第61期王位戦第2局が、札幌市のホテルエミシア札幌で指されました。



相掛かりの将棋は、序盤から前例のない未知の戦いとなりました。


2日目になっても互角の展開でしたが、途中から優位を築いたのは、木村王位でした。


そして、「受けの名手」・木村王位の猛攻が続き、AIの評価値も97%と、勝利まであと1歩に


しかし、最終盤、藤井7段がギリギリの受けでしのぎながらも大逆転


最後は、即詰の状況となって、木村王位が投了しました。




スポンサーリンク

初めての封じ手

2日制の王位戦では、1日目の終了時点(よる6時)で、手番の対局者が次の一手を封じます


第1局は、木村王位が封じました。


本局は、藤井7段が初めて封じました





封じ手をチャリティーに

封じ手は、次の差し手を記載した紙を封筒に入れて封をします。


通常は、同じものを2つ作成し、立会人とホテルの金庫でそれぞれ保管します。


しかし、本局では、3通作成されました。


その理由は、残りの1通をチャリティーに出して、その収益金を豪雨被害者の支援に充てるためでした。


このチャリティーは、木村王位の発案でした。



対戦スケジュール

次の第3局は、3週間後、8月4日(火)~5日(水)に、神戸市で指されます。




次戦も注目です

藤井7段が2連勝しましたが、第3局の対戦が注目です。


藤井7段が3連勝でタイトルに王手をかけるのか?

木村王位が1勝を返すのか?


熱戦を期待したいです。

もちろん、リアタイ視聴しましょう!


将棋
スポンサーリンク
hiroshiをフォローする
旬 気になる・知りたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました