藤井聡太棋聖が最年少2冠と最年少8段。80手で王位奪取!

この記事は約2分で読めます。

#将棋 #最年少2冠 #最年少8段 #藤井聡太棋聖 #王位戦


18歳1か月藤井棋聖が、4連勝のストレートで王位を奪取しました。


19日から指されていた王位戦は、20日午後5時ちょうどに、80手木村王位が投了しました。


王位戦は、予選から14連勝でした。

これも、史上初の記録でした。


この結果、最年少で2冠となり、8段昇段を決めました。





スポンサーリンク

最年少で2冠

従来の最年少記録は、渡辺明名人(3冠)の21歳7か月でした。


藤井棋聖は、18歳1か月での2冠となり、大幅な記録更新でした。



最年少8段

従来の記録は、加藤一二三九段の18歳3か月でした。


藤井棋聖は、18歳1か月での8段昇段で、62年ぶりの記録更新でした。


これで、師匠の杉本8段に並びました。




注目の封じ手

1日目の最後、藤井棋聖が次の一手を封じました。

  • 8七飛車成り
  • 2六飛車

2日目朝に開封された”封じ手”は、衝撃8七飛車成りでした。



AbemaTVで解説の橋本8段は、”2六飛車”を予想していました。


ここで、36分も考慮する藤井棋聖を見て、「一目2六飛車」、「考えている世界が違う」、「これでは勝てるわけがない」と完敗発言。




まとめ

師匠から贈られた和服で、爽やかに勝利した藤井棋聖。


これからの活躍も大いに楽しみです。


AbemaTVでリアタイ視聴で応援しています。

将棋
スポンサーリンク
hiroshiをフォローする
旬 気になる・知りたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました