藤井棋聖!史上最年少でタイトル獲得。将棋の藤井7段が棋聖を奪取

この記事は約2分で読めます。

#藤井棋聖 #17歳 #最年少タイトル #将棋



史上最年少で、藤井棋聖誕生しました。


将棋の第91期ヒューリック杯棋聖戦


5番勝負第4局は、7月16日(木)に、大阪市の関西将棋会館で指されました。


渡辺明棋聖藤井聡太7段が挑戦。

5番勝負は、第3局を終えて藤井聡太7段が2勝1敗とリードしていて、あと1勝タイトル獲得という状況でした。



注目の対局は、あさ9時に始まり、AbemaTVで生放送されました。


戦型は、先手の渡辺棋聖が【矢倉】に誘導しました。


途中はジリジリとした展開が続きましたが、AIの評価値は渡辺棋聖がやや有利。


最終盤、藤井7段が逆転すると、最後は左右からの挟撃体制で渡辺玉を追い詰め、110手で勝利しました。





スポンサーリンク

17歳11ヶ月

藤井7段は、若干17歳。


3日後の19日が18歳の誕生日でした。


これまでの最年少記録は、30年前に、屋敷9段が達成した18歳6ヶ月。


藤井7段の17歳11ヶ月は、従来の不滅と思われていた記録を、6ヶ月以上も更新する30年ぶりの大記録でした。



最年少2冠・8段

藤井棋聖は、現在、王位戦で木村王位に挑戦中です。


戦況は、7番勝負の第2局が終了して、藤井棋聖2連勝


このまま勝ち進むと、最短では、8月22日(木)王位獲得・2冠達成で、8段昇段します。


そのすべてが、史上最年少記録になります。



最年少3冠・9段

藤井棋聖は、竜王戦でも勝ち進んでいて、現在は、決勝トーナメントに進出中。


このまま勝ち進んで竜王位を獲得すると、3冠・9段昇段が十分に達成可能です。



まとめ

藤井棋聖の誕生という嬉しいニュースお伝えしました。


しかし、藤井棋聖の活躍は、むしろこれからです。



次戦は、7月19日(日)のJT杯将棋日本シリーズ1回戦、菅井竜也8段戦です。

そうして、最も注目すべきは、8月4日(火)~5日(水)の王位戦第3局です。

さらに、王位戦第4局は、8月19日(水)~20日(木)です。


是非とも、リアタイ視聴応援しましょう。


将棋
スポンサーリンク
hiroshiをフォローする
旬 気になる・知りたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました