藤井棋聖が竜王戦敗退。18歳での初戦敗退で、年内3冠・9段消滅。

丸山9段が勝利将棋
この記事は約2分で読めます。

#藤井棋聖 #竜王戦 #将棋


7月24日(金・スポーツの日)よる11時32分


竜王戦決勝トーナメントにて、116手藤井棋聖敗れました



藤井棋聖にとっては、

タイトル獲得後の初戦で、18歳になって初めての対戦でしたが、残念な結果でした。



東京・千駄ヶ谷の将棋会館。


藤井聡太棋聖VS丸山忠久9段戦は、振り駒で丸山9段が先手番となり、朝10時に対局開始。


両者は、初手合いでした。


戦型は、丸山9段の棒銀でしたが、午後3時43分に、61手で千日手・指直しとなりました。




スポンサーリンク

116手で丸山9段が勝利

指直し局は、先手と後手を交代。

午後4時13分に対局開始。



藤井棋聖が先手番での対局ですが、残り時間には大差がついていました。


藤井棋聖が 1時間34分

丸山9段が 3時間59分



戦型は角換わり。

丸山9段は、得意の「一手損角換わり」でした。


終盤、藤井棋聖は1分将棋でしたが、失着らしいものがなく、丸山9段強さが目立つ結果でした。




年内の3冠・9段が消滅

王位戦で開幕2連勝の藤井棋聖は、王位と竜王を獲得すると、年内に3冠・9段に。




今日の竜王戦敗退で、年内の快挙はなくなりました。


しかし、来年早々には王将挑戦への可能性があります。


タイトル獲得3期で9段になれます。




今後も注目

藤井棋聖の対局は、すべてが注目です。


AbemaTVトーナメント

将棋では例のない団体戦で、優勝賞金1,000万円を目指す戦い。



7月25日(土)午後5時から、

「チーム永瀬」VS「チーム天彦」。

「チーム永瀬」には、藤井棋聖がいます。



1局が、約20分前後というスピーディーな将棋は必見です。



王位戦第3局

8月4日(火)~5日(水)は、木村王位に挑戦する王位戦第3局


開幕2連勝の藤井棋聖にとっては、2冠・8段を目指す戦いです。


こちらも、リアタイ視聴で応援を!



将棋
スポンサーリンク
hiroshiをフォローする
旬 気になる・知りたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました