究極の節税対策?奥様に多額の財産を無税で移転する方法!

離婚相続税
この記事は約3分で読めます。

#究極 #節税対策 #奥様 #財産移転 #無税



節税合法です。

大いに節税しましょう。


今回は、「節税対策その2」裏ワザを取り上げます

ご主人が、奥様に財産を移転する。

しかし、贈与税の課税を受けない?

正に、究極の節税対策? です。


【関連記事】

奥様に自宅を贈与して相続税が節税。その仕組みとは?節税対策その2





スポンサーリンク

まさか?奥様へ多額の財産移転!

まさか?

そんなことができる筈ないと、思われることでしょう?

ご主人のその感覚は正しいです。

これは、普通の方法ではありません。

何しろ、贈与税は高いですから!


これは、「奥の手」です。

ただし、取注です?


その方法とは、離婚に伴う財産分与・慰謝料です。

※民法768条。


これなら、通常は奥様に贈与税はかかりません!

※相続税法基本通達9-8。




贈与税が課税される場合?

通常ではなく、贈与税がかかる場合が2つあります。


1つは、諸事情を考慮しても多すぎる場合です。

ここの判断は、かなり難しいです。


2つ目は、税を逃れるための偽装離婚のケース

つまり、婚姻関係が本当に破綻している場合に限ります。


★最後に、注意点もあります。

土地や建物などの移転ではご主人に譲渡所得(※)が発生して、所得税や住民税がかかることがあります。

※所得税法33条。


奥の手は、使わないに越したことがありませんが、覚えておく価値はありそう?


【関連記事~奥様に自宅を贈与】

目次・贈与税の配偶者控除の関連ブログを検索しやすく。相続税を節税





相続税のプロの税理士へ

相続税のことはその道のプロ、相続税に詳しい税理士に依頼しましょう。


相続税はかなり特殊な税金といえます。

加えて、本当に詳しい税理士、いわゆるプロの税理士が実は少ないこと。

税理士は、全国に約8万人もいます。

しかし、相続税に詳しい税理士はほんの一握りです。


予期せぬ税金がかからないように、相続税のプロの税理士にご相談ください。

相続税のプロは、贈与税にも詳しいです。


このブログで取り上げたのは、究極の節税対策?奥様に多額の財産を無税で移転

説明したように、税務署から否認されるケースもありますし、注意点もあります。

さらに、相続税の総合的な検討が重要です。

したがって、プロの税理士に相談したり依頼することは、必須といえます。


相続税のプロの税理士に関するブログもあります、参考になると嬉しいです。

【関連記事】

相続税は、相続税のプロの税理士が安心。【無料】で探せます


信頼できる税理士は、紹介サイトで探す。税理士が作成したランキング


目次・税理士関連ブログを検索しやすく。選び方、報酬引下げ




19個の節税対策一覧

このブログでは、19個の節税対策を取り上げ、さらに関連する項目も説明しています。



【関連記事】

目次・一覧、19個の相続税の節税対策を調べやすくしました!




まとめ

このブログがきっかけで、節税できることを祈念いたします。


なお、お困りのことがありましたら、お気軽に相談してください




コメント

タイトルとURLをコピーしました