相続税の節税、子供・孫の住宅取得を支援がおススメ。今なら1人につき3,110万円まで。

住宅取得を支援しましょう! 相続税

相続税は、平成27年から増税されました。

この相続税は、資産家にとっては何とかしたい悩みのタネ。

ところが、相続税を減らすためには相続税の対象となる資産を減らす必要がありますが、これが難しくてなかなか減らすことができません。

それどころか、資産が利子や配当などを次々と生み出して、資産は増える一方です。

このままでは、相続税が大変になる!

省エネ住宅なら3,110万円まで!

そこで、私からの提案。

※私は、相続税が専門の税理士です。

私がお勧めしたいのは、子供さんやお孫さんの住宅取得を応援することです。

節税対策はたくさんあります。

中でも節税効果が大きいのは住宅取得を支援で、手っ取り早くご主人の財産が減ります。

今年(令和元年)の10月から消費税が増税されました。

これに合わせた景気対策で、贈与税の特例が拡充されています。

増税で住宅建設の需要が落ち込むのを下支えするということです。

省エネ住宅とは?

二重窓などの断熱性能、省エネ性能、耐震基準や高齢者等配慮対策に適合する住宅です。

これらの詳しいことは、建築業者にお尋ねになると即答してくれます。

令和2年の3月31日までが3,110万円です。

住宅取得支援の非課税枠が3,000万円。

※租税特別措置法70条の2。

これに、基礎控除110万円を加えて、3,110万円までは贈与税がかかりません。

さらに、贈与加算などがないため、相続財産を減らすことができます。

令和2年の4月以降の贈与税の非課税枠は、令和3年の3月末まで1,500万円になります。

これは、住宅の新築等の契約日で判定します。

さらにその後は、1,200万円と段階的に下がります。

住宅支援をお考えなら早期に!

相続税の節税対策は、早期に始めることが効果的です。

年間110万円までの贈与税の控除を活用する場合も早期がポイント!

プロの税理士という専門家に相談しましょう。

家族構成や家族の現状など、お一人お一人異なるものです。

ご主人の現状と、ご主人のお考え、税制の推移、熟慮する要因・ポイントはいくつもあります。

家族会議で円満に!

お気を付けいただきたいことは、最適なタイミングを逃さないで欲しいということです。

例えば、子供さんの住宅取得を支援する時でも、子供さん本人の考えがどうなのか。

その他の子供さんとのバランスや公平さは?

ご主人と奥様の今後の生活設計は大丈夫かどうか?

ご家族みんなの幸せのためにも、家族会議を開いて円満ベターを目指しましょう。

特に配慮いただきたいことは、家族からは言い出しづらい問題だということです。

「相続」という言葉そのものが、タブー視されやすいデリケートな問題だということです。

話し合いの口火を切れるのは、ご主人以外にいません。

このため、なるべく早い時期に家族会議を開くことをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました