相続税、こんな税理士に頼んでませんか。相続税のプロの税理士とは?

相続税相続税
この記事は約4分で読めます。

#相続税 #プロの税理士


今回のテーマは、相続税のプロの税理士の探し方です。



相続税のプロは少数です。


全国には、7万人以上の税理士がいます。

しかし、

相続税に詳しい税理士はほんのわずか!

数えてはいませんが、1割どころか数%?


このブログは、ご主人のために。


徹底的に掘り下げて、「ご主人のためになる」情報をお届けします。



スポンサーリンク

頼んではダメな税理士

4項目を、詳しくみていきます。


1 相続税に詳しくない?

税理士試験で相続税法に合格していない(※1)。

加えて、実務でも相続税をほとんど経験していない。


そんな知識も経験もない税理士に頼むと最悪の場合、

 イ 小規模宅地等の特例(※2)

 ロ 配偶者の税額軽減(※3)

など、受けられる特例を受けないままになることも。

その場合は、過大な税金の納税になります。

高い税理士報酬を取られた上に過大な税金では!

正に、「踏んだり蹴ったり」。

※1 相続税は選択科目(税理士法6条)。

   合格しなくても税理士になれます。

※2 措置法69条の4。

※3 相続税法19条の2。


2 税務調査の対応ができない?

相続税の申告期限は、亡くなってから10ヶ月以内です。


それから1年を経過した頃に、税務署の調査官がやって来ます。


そこで調査官の言いなりで申告を是正し、追徴課税を受けることも。

※調査は、必ずではありません。


プロの税理士であれば、調査官に立ち向かい、主張すべきは主張して戦ってくれる。

納税者を守ってくれるものです。


そもそも、調査を減らす工夫をしてくれます。


3 礼儀を知らない又は無礼!

遺族の心の中に、土足で上がり込んでくるようなデリカシーのなさ。

申告のためと言って、失礼な言葉づかいでプライバシーに立ち入ってくる。


4 配慮に欠け、経過説明なし?

相続税の関与を依頼した場合、申告書の提出までは数か月かかります。

相続人の側は、納税金額がいくらになるのかが、心配で仕方がないものです。



この心配・不安を和らげてくれるかどうか。



定期的な経過説明があれば、安心できます。

最低でも、1か月に1度くらいは、問い合わせなくても、自主的な経過説明があってしかるべき。


申告までの長期間、なしのつぶてではたまったものではありません。



相続税のプロの税理士とは?

これが、望ましい税理士像です。


※まずは、「相性」!

どんなに最適でも、相性はいかんともしがたく、譲れないものです。

人間である以上は、生理的に受け付けないケースも。


その他にも、人柄や知識経験等、ポイントを押さえて選びましょう。


このブログが、最適な税理士選びにつながることを祈念します!



解決策

数少ない相続税のプロの税理士に依頼するためには!


友人や知人からの紹介では、気に入らないときに断りづらいもの。

しがらみのない税理士選び。

それは、ネットの紹介所がおススメです。


しかし、ネットにはたくさんの紹介所があります。

そこで、徹底比較で厳選しました。

まずは、この表をご覧ください。



◎5つのポイントがあります。

・登録税理士の数が多いと、選択の余地が広がります。

 さらに重要なのは、

・紹介する税理士を選別する、担当者の経験と知識

 担当者が、要望に対して、最適な税理士を紹介してくれるか?

 加えて、

・契約後のフォローがあること

・これまでの利用実績の豊富さ

・運営する会社の安定感


お勧めは「税理士ドットコム」

【お勧めのポイント】

登録税理士の多さ、 5,668 人

紹介サービスの運営を始めて 14 年

紹介件数 50,000 以上の安心実績。

相談件数の多さ、 121,000 件以上。


信頼できる税理士探しをサポートしてくれます。

無料です。

※なお、「税理士.com」では、

 ホームページを見る限り、税理士との面談に「担当者が同席」してくれるかどうかが不明でした。

 初対面で緊張する場面ですから、担当者が同席してくれるとありがたいです。

 気になるところはそこです。

 しかし、担当者の経験豊富さでカバーしてもらえそうです。

 結局は、「税理士.com」が一番お勧めです!


まずは、無料で相談だけでも!

公式サイトは、こちらです。 




まとめ

このブログでは、相続税のプロの税理士について、書いてきました。


理想の税理士に、きっと巡り合えます!


最後までお読みいただきありがとうございます。


なお、困ったことがあれば、気軽に相談してください。


【関連記事】

目次・税理士関連ブログを検索しやすく。選び方、報酬引下げetc.



コメント

タイトルとURLをコピーしました