相続人数の数え方・養子の子供が代襲相続人になれるかどうか?

代襲相続人相続税
この記事は約2分で読めます。

#相続人数 #数え方 #養子 #代襲相続人


節税合法です。

お得に節税しましょう。


相続税の節税対策で、養子を取り上げています。


養子といっても様々なケースがありますが、少し特殊で、悲しいケースを取り上げます。



スポンサーリンク

相続人数の数え方・代襲相続人

少子化が社会問題になって久しいです。


このため、養子縁組を活用されていらっしゃるご家族も多いのでは、と推察します。


ところで、養子縁組後にお孫さん誕生!

こんなハッピーが実現すると嬉しいです。


また、子供さんのいる方を、養子として迎えることもあるでしょう。



次に、代襲相続人について考えてみます。


こんな悲しいことは起きて欲しくないのですが?

養子が先に死亡したケースです。


お孫さんは、養子縁組に誕生していました。

このケースでは、お孫さんは代襲相続人になります。


【参考】

もしも、お孫さんが養子縁組の出生だったら。

つまり、子供さんのいる方を養子として迎えたケースでは、お孫さんは代襲相続人になれません。

※民法887条2項。 


相続人の人数に違いが出てしまうことになります。



まとめ

相続税の節税について、養子と代襲相続人を取り上げました。


このブログがきっかけで、節税できることを祈念します!


最後までお読みいただきありがとうございます。


なお、困ったことがあれば、気軽に相談してください。


【関連記事】


目次・養子関連ブログを検索しやすく。養子を増やして相続税を節税



コメント

タイトルとURLをコピーしました