相続人数の数え方・養子の子供が代襲相続人になれるかどうか?

代襲相続人相続税
この記事は約3分で読めます。

#相続人数 #相続税 #養子 #代襲相続人


節税合法です。

お得に節税しましょう。


相続税の節税対策で、養子を取り上げています。


養子といっても様々なケースがありますが、今回は少し特殊で、悲しいケースを取り上げます。



スポンサーリンク

相続人数の数え方・代襲相続人

少子化が社会問題になって久しいです。


このため、養子縁組を活用されていらっしゃるご家族も多いのでは、と推察します。


ところで、養子縁組後にお孫さん誕生!

こんなハッピーが実現すると嬉しいです。


また、子供さんのいる方を、養子として迎える場合もあるでしょう。



次に、代襲相続人について考えてみます。


こんな悲しいことは起きて欲しくないのですが?

養子が先に死亡したケースです。


お孫さんは、養子縁組に誕生していました。

このケースでは、お孫さんは代襲相続人になります。


【参考】

もしも、お孫さんが養子縁組の出生だったら。

つまり、子供さんのいる方を養子として迎えたケースでは、お孫さんは代襲相続人になれません。

※民法887条2項。 


相続人の人数に違いが出てしまうことになります。


【関連記事】

養子には数の制限があります。それでは、代襲相続人がいるケースは?




相続税のプロの税理士へ

相続税のことはその道のプロ、相続税に詳しい税理士に依頼しましょう。


相続税はかなり特殊な税金といえます。

加えて、本当に詳しい税理士、いわゆるプロの税理士が実は少ないこと。

税理士は、全国に約8万人もいます。

しかし、相続税に詳しい税理士はほんの一握りです。


予期せぬ税金がかからないように、相続税のプロの税理士にご相談ください。

このブログで取り上げた相続人数の数え方・養子の子供が代襲相続人ですが、かなり専門的といえます。

相続人の数を間違えると、余分な税金を払うことになります。

したがって、プロの税理士に相談したり依頼することは、必須といえます。


相続税のプロの税理士に関するブログもあります、参考になると嬉しいです。

【関連記事】

相続税は、相続税のプロの税理士が安心。【無料】で探せます


信頼できる税理士は、紹介サイトで探す。税理士が作成したランキング


目次・税理士関連ブログを検索しやすく。選び方、報酬引下げ




まとめ

相続税の節税について、養子と代襲相続人を取り上げました。

このブログがきっかけで、節税できることを祈念します!


最後までお読みいただきありがとうございます。


なお、お困りのことがありましたら、お気軽に相談してください


【関連記事】


目次・養子関連ブログを検索しやすく。養子を増やして相続税を節税


目次・一覧、19個の相続税の節税対策を調べやすくしました!





コメント

タイトルとURLをコピーしました