相続の仕方で相続税はかからない、配偶者の相続税額の軽減!

相続の仕方相続税
この記事は約3分で読めます。

#相続の仕方 #相続税 #かからない #配偶者 #軽減 #節税



節税合法です。

大いに節税しましょう。


今回は、相続税の計算で、配偶者に対する相続税額の軽減についてです。




スポンサーリンク

相続税がかからない方策

やや専門的な話で恐縮ですが、お付き合いください。

一言でいうと、ご主人の財産が1億6,000万円までなら、配偶者が相続すると相続税はかかりません


【 設 例 】

◎家族構成

 ご主人の相続人は、奥様と子供さん2人で、合計3人。



◎財産の内訳

自宅、評価で2,000万円。

預金が500万円。

生命保険金は、4,000万円。

退職金が、3,000万円。


このケースで説明します。


ステップ①

相続税には基礎控除があります。

これは、かからない範囲で最低保証のようなものです。

※相続税法15条。


相続人が2人のケースでは、基礎控除が4,800万円です。

定額3,000万円+600万円×3人=4,800万円まで相続税はかかりません。


4,800万円あるかどうかは、単純計算ではありません。

イ 自宅、評価で 2,000万円

ロ 預金が 500万円

ハ 生命保険金 4,000万円ー1,500万円=2,500万円

ニ 退職金 3,000万円ー1,500万円=1,500万円

これらイ~ニの合計は、6,500万円です。


※生命保険金と退職金には、基礎控除とは別枠で非課税があり、差し引き残額になります。

 非課税は、相続税の対象から除外するもの。

 計算は、相続人に人数によります。

 3人の場合では、1,500万円になります。


財産の合計6,500万円から、基礎控除4,800万円を引きます。

6,500万円-4,800万円=1,700万円。

差引き、1,700万円が相続税の対象になります。

この金額の場合には、税額は10%。

つまり、170万円の相続税額が見込まれます。

(注)税率は一律ではありません。


ステップ②

ここで、「奥様の特例」が使えます。

専門的には、配偶者に対する相続税額の軽減といいます。

※相続税法19条の2。


【特例の計算】

奥様が相続する財産は、法定相続分の1/2、または、1億6千万円まで「無税」!

ただし、10か月以内の相続税申告が条件です。

長くなりましたが、財産全部を奥様が相続して、10か月以内に申告すれば相続税はかかりません




まとめ

これが奥様の特例です。

知らない・使わないと、170万円も損しますよ!


使える特例を忘れずに受けること、これも節税です。

なお、お困りのことがありましたら、お気軽に相談してください


【関連記事】


目次・配偶者の相続税額の軽減のブログを検索しやすく。相続税を節税


配偶者の相続税は大幅に軽減!忘れずに受けたいお得な特例です


目次・税理士関連ブログを検索しやすく。選び方、報酬引下げ


目次・一覧、19個の相続税の節税対策を調べやすくしました!




コメント

タイトルとURLをコピーしました