生命保険は資産家の強い味方!相続税の納税資金を準備できます

生命保険相続税
この記事は約4分で読めます。

#生命保険 #資産家 #相続税 #納税資金 #準備



節税合法です。

大いに節税しましょう。



今回は、相続税の納税資金を取り上げます。




スポンサーリンク

自前で納税資金を手当て?

相続税の納税期限は、相続の開始(死亡)から10ヶ月です。

これは申告の期限と同じですが、あっという間です。




相続財産に多額の現金・預金

ご主人が、現金や預金を多額にお持ちだとしても、相続人が相続税の納税に困ることがあります。

そんな馬鹿なことは、あるはずがない?

しかし、もしかしたら もしかします。



資産家ほど分割でもめる?

新聞や雑誌の記事で、争続争い・骨肉の争い!

こんな文字が躍ることがあります。


そんなことは、他人事だとお考えになりますか?

ところが、まさか?!


相続人間でもめるのは、財産がない人のケースではありません。

逆に、多額の相続財産があるため、「眼がくらむ」?


相続人が1人なら何の問題もありません。

2人以上、特に、子供さんが2人以上の場合には、危険なケースが多くなります。

昔から、「兄弟は他人の始まり」と言われてきました。

※結婚するまでは仲の良い兄弟。

ところが、結婚で他人が混じります。




10ヶ月の期限は待ったなし!

相続税は、遺産分割ができなくても、民法の法定相続分で計算できます。

その計算で、申告もできます。



さらに、ここが問題です。

相続人は、財産を相続する前に、相続税の納税を迫られます。

※年払いの「延納」という制度がありますが、利息はかかります。

※土地などで納める「物納」という制度もあります。






生命保険は強い味方!

相続人が受取人の「死亡保険金」が、相続人を救ってくれます。


ご主人がお元気なうちに、納税資金を手当てすることは有効です。

もちろん、家族会議で十分な話し合いをすること。

いつまでも、「兄弟仲良くしなさい」と言い聞かせること。


遺言や、生前贈与を活用して、兄弟間の不公平感を解消することも大いに有効です。

これで対策は十分です。


【関連記事】

生命保険に加入して相続税が安くなる! 相続税の節税対策・その10


目次・生命保険のブログを検索しやすく。相続税を節税






相続税や贈与税のプロの税理士へ

相続税や贈与税のことはその道のプロ、詳しい税理士に依頼しましょう。


これらは、かなり特殊な税金といえます。

加えて、本当に詳しい税理士、いわゆるプロの税理士が実は少ないこと。

税理士は、全国に約8万人もいます。

しかし、相続税や贈与税に詳しい税理士はほんの一握りです。


予期せぬ税金がかからないように、プロの税理士にご相談ください。

相続税のプロは、贈与税にも詳しいです。

このブログで取り上げた生命保険に加入して相続税の納税資金を手当てするですが、注意点があります。

したがって、プロの税理士に相談したり依頼することは、必須といえます。


相続税のプロの税理士に関するブログもあります、参考になると嬉しいです。


【関連記事】

相続税は、相続税のプロの税理士が安心。【無料】で探せます


信頼できる税理士は、紹介サイトで探す。税理士が作成したランキング


目次・税理士関連ブログを検索しやすく。選び方、報酬引下げ




19個の節税対策一覧

このブログでは、19個の節税対策を取り上げ、さらに関連する項目も説明しています。



【関連記事】

目次・一覧、19個の相続税の節税対策を調べやすくしました!





まとめ

このブログがきっかけで、節税できることを祈念いたします。



なお、お困りのことがありましたら、お気軽に相談してください




コメント

タイトルとURLをコピーしました