生命保険に加入して相続税が安くなる! 相続税の節税対策・その10

生命保険相続税
この記事は約3分で読めます。

#生命保険 #非課税 #節税 #相続税



節税合法です。

大いに節税しましょう。


このブログでは、相続税の節税対策を取り上げています。

19個の節税対策。

今回は10個目です。




スポンサーリンク

生命保険の非課税枠を活用!

色々な理由で、生命保険に加入していないことがあります。


以前は加入していてが、会社を定年退職し、子供も独立したことから、新たな生命保険には加入していないということがあります。


確かに、家族の生活などを維持するため、不慮の事故に備えるのが生命保険の役割といえます。

その意味では、子供の成長に伴い補償額もだんだん小さくなり、最後は大きな補償額が不要となることでしょう。


病気による入院・手術に対する給付金があれば、十分と考えることもできます。


しかし、平成27年の相続税の増税以降、資産家でなくても相続税がかかるようになっています。


このため、

  1. 節税~相続税を少しでも安くする
  2. 相続税の納税資金の手当て

これらのために、生命保険が重要な役割を果たしてくれます



一時払いの終身保険に加入する

一時払いで加入すると、その保険料の金額分だけ相続財産を減らすことができます。


相続税の計算で、財産に入れないもの。

それが、「非課税」です。

非課税はいくつかあり、生命保険金もその1つです。

※相続税法12条1項5号。


これは、ご主人が亡くなった時に支払われる「死亡保険金」と呼ばれるものです。

ご主人が保険料を負担していた保険金は、相続税の対象になります。


しかし、一定金額まで財産に含めません。

一定金額の非課税枠があります。


計算式は、500万円×法定相続人の人数


例えば、奥様と子供さん2人の場合、法定相続人は3人です。

500万円×3人=1,500万円まで財産に加算しません。


今現在保険に加入していない場合はもちろん、加入していても非課税枠に満たない場合、節税効果があります。


さらに、受け取った生命保険金は相続税の支払いに充てることができます。




この節税策の注意点!

非課税枠を使えるのは、相続人に限られています


先ほどの家族構成であれば、奥様と子供さん2人です。

しかも、この3人が相続放棄」していないことがポイントです。

※この相続放棄は、家庭裁判所に3か月以内に申出る放棄です。

※民法938条。

事実上の放棄、つまり、相続人間の話し合いで相続しないケースは含まれません。


こんな例が実際にありました。

ご主人が亡くなって奥様が保険金を受け取りました。

奥様は、保険金以外の財産はいらないと考えて、放棄しました。

例えば、法定相続人が3人であれば、1,500万円の非課税枠があります。

ですが、このケースでは非課税枠が使えません。



法定相続人と相続人の使い分け

非課税枠の計算では、法定相続人の人数を使います。

法定相続人は、相続放棄した相続人もカウントします。

しかし、相続放棄した奥様は、非課税枠が使える相続人から除かれます


いかがでしょうか?

最後のところはチョット難解ですが、注意点に気を付けて賢く節税してください。


なお、生命保険金にかかる税金は、相続税以外にもあります。

このあたりのことは、改めて書きます。



19個の節税対策一覧

今回は10個目で、生命保険に加入して相続税が安くなる! を取り上げました。





まとめ

このブログがきっかけで、節税できることを祈念いたします。


なお、お困りのことがありましたら、気軽に相談してください




コメント

タイトルとURLをコピーしました