浅田真央さんがスラックラインに挑戦!「嵐にしやがれ2時間SP」

この記事は約3分で読めます。

今週の『嵐にしやがれ』(4月4日土曜、よる9時から)では、浅田舞さん、真央さん姉妹が登場します。

番組では、浅田真央さんが、やりたかった【スラックライン】に挑戦するということです!

そこで、スラックラインについて調べてみました。



スポンサーリンク

浅田真央さんのプロフィール

名前:浅田真央

出身:愛知県


浅田真央さんのプロフィールは、よくご存じの方も多いと思いますので、生年月日などは省略します。

日本が誇る世界的なフィギュアスケーターで、バンクーバー五輪の銀メダルや世界選手権で3度の優勝などなど、輝かしい成績を収めていることも、ご存知のとおりです。


非常にキュートで、容姿端麗なのはご存知の通りです。

もっと適切な表現がありそうですが、ご本人が素晴らしすぎて・・、言葉は意味を成しません!



2017年に、惜しまれつつも競技選手としての現役を引退され、プロスケーターに転向。

その後は、アイスショーへの出演や、タレントとしてテレビなどで活躍されています。



スラックラインとは?


スラックライン」というスポーツ、あまり耳にすることがないように思います。


調べてみると、

「JSPO一般社団法人スラックライン推進機構」というところがありました。

そこで、JSPOのHPから、スラックラインの説明を引用(紹介)します。

JSPOのHPはこちらから

JSPO一般社団法人スラックライン推進機構


【スラックライン】とは、

スラックライン(Slackline) とは、二点間に張り渡した専用ラインの上で楽しむスポーツの名称、もしくはその器具のこと。

わかりやすく言えば、綱渡りを低く短くして、誰でも楽しめるように進化させたスポーツ。

子供から大人まで一緒に最高の時間が過ごせます。


スラックライン(Slackline) を直訳すると、「たるんだ線」という意味。

鉄製のワイヤーなどとは違い、上下左右に揺れて弾むことがスラックラインの特徴です。


空中に張られたベルト状のラインの上を、歩いたり飛んだり。

サーカスの綱渡りを想像すると、分かりやすいと思います。

映画のスパイダーマンも、ビルとビルの間を糸をつたってました。



このように書くと、非常に難しいものと思われるかもしれませんが、

地面からラインまでの高さを低くすると、恐怖心は比較的少ないようです。

同時に、危険性も下がることでしょう。

一般的には、長さ10m 程度で膝くらいの高さにラインを張って、その上で、歩いたり座ったりジャンプしたりといろんな動作をして遊びます。


いきなり歩くのは難しいですが、歩けなくても乗っかるだけで笑えます。

上達すれば、人間業とは思えないような発展の可能性を、引き出してくれるスポーツです。



浅田真央さんのチャレンジ?

ご存知のとおり、運動神経は抜群の浅田真央さんですから、難なく上手にできたのでは!

番組のリアタイ視聴がおすすめです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました