恋愛成立は2組!梓と莉子がWでオオカミちゃんだった!(最終回)

月とオオカミちゃんには騙されない月とオオカミちゃん
この記事は約5分で読めます。

#恋愛成立 #梓 #莉子 #オオカミ #最終回 #月とオオカミちゃんには騙されない




ついに最終回


全員が絶叫し、涙した!? 


予測不能の結末とは!


AbemaTVの恋愛リアリティーショー【月とオオカミちゃんには騙されない】



1月5日の初回放送から第13話まで。


本当に予想できない展開、想定不能な結末でした。


※当ブログの予想も、外れました(涙)


スポンサーリンク

恋愛相関図・最終告白後




ルークの莉音ちゃんへの告白と、コアのヒナちゃんへの告白は、成功しました。


一方で、ビックリオオカミちゃんは、梓ちゃん莉子ちゃんでした。


また、脱落したナナちゃんは、オオカミちゃんではありませんでした。


ルークの告白


【成功】


相手は莉音ちゃん


2人は共通点が多く、好きなことも一緒。


スケボーデート釣り堀デートも楽しみました。


これらを通して、莉音ちゃんが気になる存在になったルーク。


莉音ちゃんは、「ルークといる時が本当に楽しかった。」

「だから、これから友達として、たくさん遊んだりしたい。」




コアの告白


【成功】


相手は、ヒナちゃん。


最初から、ずっと一途だったコア。


途中の月ラインや太陽ラインでは、ハラハラしました。


コアは、「オオカミちゃんは、信じてるとかではなくて全部知ってるんで、安心してください」


ヒナは、「いつも助けてくれてありがとう、大好き」



翔大郎の告白


【梓はオオカミ】


告白場所に梓はおらず、失格したのでした。


翔大郎の告白直前に、梓は月ラインを使っていました。


月ラインの相手は、ナナちゃん。


それは、オオカミだったことをナナちゃんに伝えると同時に、亨君とナナちゃんの恋愛の邪魔をしたことに対する謝罪でした。


ナナちゃんが脱落したとき、梓はナナちゃんに謝罪してました。


そして、「亨君のためにも、ナナちゃんを戻したい」と言っていました。




陵介の告白


【莉子はオオカミ】



” その好きは最後までわからなかった ”


莉子は、何とビックリ オオカミだった。


★告白直前の陵介の月ラインデート。


相手はもちろん、相思相愛と思われていた莉子ちゃん。


陵介の月ラインは、バレンタインチョコのお返しを、ちょっと早く渡すためでした。


ここで、莉子は失格でした。


陵介君が、「来年もなんかバレンタイン欲しいな」。


「莉子からがいいな」といった時。


莉子は、「どうだろうね」


「私は、もう一回冬が来ても、陵介を選んでいたと思う」と言ってしまった。


これは、オオカミだから・・・。



※「さなりと同じ」


莉子は、オオカミを暗に認めてしまっていました。


最後に莉子は、オオカミの被りを取って涙。


風船を放したくなかった!



亨は告白を棄権


【ナナちゃんは、オオカミちゃんではありませんでした】


告白を棄権する条件で、「ナナちゃんがオオカミちゃんだったかどうかを知ることができるのでした。


告白場所の雪原に置かれた赤い封筒


ナナちゃんは、「オオカミちゃんでなかったこと」を伝えました。


そして、「誰がオオカミちゃんでも、11人の絆は変わらないこと」も伝えていました。


※梓は、ナナちゃんの脱落後に、1人アトリエに残ってナナちゃんのオートクチュールを完成させたのでした。まるで、オオカミちゃんだったことの罪滅ぼしのように。


梓の月ラインで、ナナちゃんに完成を報告してました。


次回は、オオカミくん!?


番組の最後、予告がありました。


オオカミちゃんは終わりで、オオカミくんになるらしいこと。


  ”だって次は 俺たちの番だから”


今から、待ち遠しいです。


また、大いに悩みそうですが?


コメント

タイトルとURLをコピーしました