怖いインフルエンザを予防しましょう!

この記事は約3分で読めます。

この冬は、流行が早いようです。

そこで、皆さんの為に、インフルエンザに関することをまとめてみました。

スポンサーリンク

今すぐに、予防接種を!

厚生労働省の発表では、今流行っているのは、A型(H1N1)だそうです。

注意を要するのは、例年より流行するのが早いこと。

例年1月末~3月上旬に流行のピークを迎えるそうですが、およそ4週間前には予防接種する必要があるとのことです。

したがって、1月末のピークに備えると、今すぐに予防接種することが望ましいようです。

予防接種の回数は、13歳以上は1回接種が原則。

13歳未満は、2回接種だそうです。

予防接種の効果!

インフルエンザにかかると、38度以上の高熱が出るとされます。

意外なのは、予防接種しても、インフルエンザの感染を予防できないこと。

インフルエンザは、ウイルスが口や鼻から体内に ➡ 増殖(感染) ➡ 数日間の潜伏 ➡ 発熱やのどの痛みなど(発病) という経過をたどり、1週間程度で治るようです。

では、予防接種の効果とは?

それは、発病を抑えることだそうです。

特に、高齢者や喘息などの持病のある方では、肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、死亡することもあるそうですが、この「重症化」を予防することが予防接種の最も大きな効果だそうです。

マスク、うがいや手洗いも!

予防接種以外にも、マスクの着用や、うがいや手洗いで「感染」を予防しましょう。

私も経験しました。

今から7~8年前のことです。

11月下旬に、例年どおり予防接種をしました。

そして、2月の初めに風邪を引きました(と思いました)。

そこで、かかりつけの病院へ行き、風邪薬をもらおうとしました。

熱は37度台で、元気でしたから、風邪だろうと考えていました。

(医師)インフルエンザの検査をしてみる?

私は、大丈夫だと言いかけたのですが、万一インフルエンザだとしたら、職場でうつすと大変だと思い直し、安心料の意味合いも考えて検査を受けてみました。

結果は、(+) インフルでした!

その日から、1週間、有給休暇を取得して、自宅待機になりました。

熱が低いこともあり、毎日が退屈で、暇で、ゴロゴロしてましたが、久しぶりにゆっくりのんびりできてよかったです。

インフルエンザを職場に広めなくてよかったです。

唯一の被害者は、そんな私の面倒を見させられた妻でした。

当時の私には、インフルエンザの知識はありませんでしたが、予防接種しても感染すること、そして、予防接種したからこそ、高熱が出なかったことは、今なら納得です。

厚生労働省のサイトは!

厚労省のインフルエンザQ&A

こちらで、詳しいことが確認できます。

皆様が、インフルエンザにかからずにお元気でありますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました