庭先部分を相続した場合の小規模宅地等の特例、相続税を節税

自宅・庭先相続税
この記事は約4分で読めます。

#庭先部分 #小規模宅地等の特例 #相続税 #節税



節税合法です。

大いに節税しましょう。


今回も小規模宅地等の特例を考えます。

設例は、ご主人の自宅の範囲について。

結論は、庭先部分のみでも居住用宅地等に該当するというものです。


なお、特例の適用に当たっては、次の理由から、相続税に詳しい税理士に依頼することをお勧めします。

  1. 特例宅地等は後日選択替えできない
  2. 難解なケースがある
  3. 特例の可否が多額の相続税に直結する




スポンサーリンク

居住用宅地等

小規模宅地等の特例には、居住用、事業用、同族会社事業用、貸付事業用及び特定郵便局という5つの類型があります。

今回はその内の居住用です。


居住用に該当すれば、330㎡(100坪)まで、▲80%という節税になります。



居住用宅地等の範囲

居住用宅地等とは、ご主人が住んでいた建物の敷地です。

下の図の配置では、母屋の敷地は当然対象です。

それでは、母屋の右側にある庭先は居住用宅地等に含まれるでしょうか?


結論は、庭先部分のみでも居住用宅地等に該当すると考えられます。

自宅・庭先



制度の趣旨

被相続人等の居住の用に供されていた小規模な宅地等については、一般的にはそれが相続人等の生活基盤の維持のために欠くことのできないものである。

相続人において居住の用を廃してこれを処分することについて相当の制約を受けるのが通常であることから、相続税の課税価格に算入すべき価額を計算する上において、政策的な観点から一定の減額をすることとした」(東京地裁平成23年8月26日判決等)と解されています。


(本件への当てはめ)

長男が相続した庭先部分は、相続開始の直前において、ご主人の居住の用に供されていた家屋で、ご主人が所有していたものの敷地ですが、庭先部分の土地の上に当該家屋が存しないため、居住の用を廃することなく、庭先部分の土地のみを処分することが可能であることからすると、上記の本件特例の趣旨に照らし、本件特例の適用は認められないのではないかとの疑問が生じる。

しかしながら、長男が相続により取得する庭先部分の土地と養子(孫)が相続により取得する建物の敷地は、一体として「相続の開始直前においてご主人の居住の用に供されていた家屋でご主人が所有していたものの敷地の用に供されていた宅地」であることからすると、居住の用を廃する必要があるかどうかにかかわらず庭先部分の土地は、「相続の開始直前においてご主人の居住の用に供されていた家屋でご主人が所有していたものの敷地の用に供されていた宅地」に該当すると考えられる。


出典:国税庁ホームページ・文書回答事例

別紙 庭先部分を相続した場合の小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例(租税特別措置法第69条の4)の適用について|国税庁 (nta.go.jp)


【関連記事】


目次・小規模宅地等の特例のブログを検索しやすく。相続税を節税



相続税のプロの税理士へ

相続税のことはその道のプロ、詳しい税理士に依頼しましょう。

相続税はかなり特殊な税金といえます。

加えて、本当に詳しい税理士、いわゆるプロの税理士が実は少ないこと。

税理士は、全国に約8万人もいます。

しかし、相続税に詳しい税理士はほんの一握りです。


予期せぬ税金がかからないように、プロの税理士にご相談ください。

このブログで取り上げた小規模宅地等の特例は減額割合が大きいため、否認された場合の影響も大きくなります。

したがって、プロの税理士に相談したり依頼することは、絶対といえます。


相続税のプロの税理士に関するブログもあります、参考になると嬉しいです。


【関連記事】


相続税は、相続税のプロの税理士が安心。【無料】で探せます


信頼できる税理士は、紹介サイトで探す。税理士が作成したランキング


実際の手順。理想の税理士探しは、税理士ドットコムなら簡単です!


目次・税理士関連ブログを検索しやすく。選び方、報酬引下げ



19個の節税対策一覧

このブログでは、19個の節税対策を取り上げ、さらに関連する項目も説明しています。



【関連記事】


目次・一覧、19個の相続税の節税対策を調べやすくしました!



まとめ

このブログがきっかけで、節税できることを祈念いたします。


なお、お困りのことがありましたら、お気軽に相談してください




コメント

タイトルとURLをコピーしました