将棋王位戦の対局開始、藤井7段はタイトル獲得に向けて好発進?!

将棋 王位戦将棋
この記事は約2分で読めます。

#将棋 #王位戦 #藤井7段


AbemaTV生放送!


7月1日(水)あさ9時、第61期王位戦が始まりました。



対局開始前に、「振り駒」が行われて、藤井7段が先手になりました。


そして、戦型は、【角換わり腰掛け銀】



持ち時間が8時間の2日制の対局で、結果が判明するのは7月2日(木)の夕方になりそうです。



木村王位(47)に挑戦するのは、若干17歳の藤井7段





シリーズ7番勝負の開幕戦は、藤井7段の地元愛知県で始まりました。


第1局は、今後の展開を占ううえでも重要な対局です。




スポンサーリンク

勝負の行方

藤井7段がやや優勢といったところです。


将棋ではやや有利とされている、先手になれたこと。

戦型が得意の角換わり腰掛け銀になったこと。


AIの評価値では、6:4くらい。


勝負はこれからです。




7番勝負の対局予定




【関連記事】

将棋王位戦で、藤井7段がタイトル奪取を予想?棋聖とダブルで8段?



封じ手

対局1日目の終了時には、「封じ手」と呼ばれる儀式が行われます。


午後6時の終了時刻に、手番の棋士が次の1手を封じます。

具体的には、次の指し手を書いた紙を封筒に入れて、封をするというもの。


本局では、木村王位が封じました。

将棋
スポンサーリンク
hiroshiをフォローする
旬 気になる・知りたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました