将棋の王位戦、藤井聡太7段がダブルでタイトル挑戦!永瀬2冠に勝利

この記事は約2分で読めます。

#将棋 #藤井聡太7段 #王位戦


将棋の2冠・8段に前進しました!


2020年6月23日(火)、東京・千駄ヶ谷の将棋会館。

将棋の王位戦で、タイトル挑戦者決定戦が指されました。


王位戦の挑戦者決定リーグ紅組優勝の永瀬2冠と、同白組優勝の藤井聡太7段。


この日の対局で、勝者が木村王位に挑戦することになります。



スポンサーリンク

藤井聡太7段の勝利

対局は、よる 19:53、127手で先手番の藤井聡太7段が勝利しました。


これで、王位戦のタイトル挑戦者になりました。


ダブルタイトル、2冠と8段

藤井聡太7段は、現在、ヒューリック杯棋聖戦で、渡辺棋聖(3冠)に挑戦中です。


5番勝負の第1戦では、先勝しています。


王位戦のタイトル挑戦7番勝負で、タイトル・王位奪取の可能性が高くなりました。


もしも、

棋聖・王位のダブルタイトル(2冠)獲得なら、もちろん最年少でのタイトル獲得8段昇段になります。


最年少9段

竜王戦でも勝ち進んでいる藤井聡太7段。

竜王戦の決勝トーナメント進出中で、5勝すると挑戦者に。


勝ち進むと、豊島将之竜王(2冠・名人)との7番勝負。


もしも、

竜王位も奪取して3冠なら、史上最年少9段の可能性が出てきました。


まとめ

最年少デビュー以来、多くの記録を樹立している藤井7段。


タイトル獲得の最年少記録、最年少8段・2冠、9段・3冠に邁進しています。


今後の活躍が、ますます楽しみです。


将棋
スポンサーリンク
hiroshiをフォローする
旬 気になる・知りたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました