家族に毎年110万円を贈与して相続税を節税!節税対策その3

暦年贈与相続税
この記事は約2分で読めます。

#毎年110万円 #贈与 #相続税 #節税対策その3



節税合法です。

大いに節税しましょう。


このブログでは、相続税の節税対策を取り上げています。


18個の節税対策。

今回は3個目です。



スポンサーリンク

その3 毎年贈与の活用

毎年110万円(※)までなら、無税で贈与できます。


これを繰り返すことで相続財産を減らすという、単純な節税対策です。


※基礎控除、措置法70条の2の4。


誰にあげても良いのですが、常識的には家族でしょう。



奥様、子供さん、子供さんの配偶者、お孫さん。


仮に、子供さんが2人いて、その配偶者も2人、お孫さんが4人いると、奥様を加えて全部で9人になります。


110万円を9人にあげると、990万円。

10年続ければ、9,900万円を減らせる計算です。


110万円と聞くと少ないような気がしますが、効果は凄いです。


ポイントは、長く続けること。

つまり、早くから取り組むことです。


しかし、

単純な贈与ですが、注意点があります。

これについては、長くなるので別のブログで書きます。

【関連記事】

注意点!家族に毎年贈与して相続税を節税する際に、気を付けること。


また、

例えば、毎年300万円ずつ贈与する方法もあります。

この方法は、節税対策その4で取り上げます。



18個の節税対策一覧

今回は3個目で、毎年110万円の贈与を取り上げました。



【関連記事】

養子を増やして相続税を節税する。その仕組みとは?節税対策その1


奥様に自宅を贈与して相続税が節税。その仕組みとは?節税対策その2


毎年300万円!を家族に贈与して、相続税を節税。節税対策その4





まとめ

このブログがきっかけで、節税できることを祈念いたします。


なお、お困りのことがありましたら、気軽に相談してください





コメント

タイトルとURLをコピーしました