宅地を取得した親族が申告期限までに死亡した場合、小規模宅地等特例

相続税の申告相続税
この記事は約3分で読めます。

#宅地 #親族 #申告期限 #死亡 #小規模宅地等の特例 #相続税 #節税



節税合法です。

大いに節税しましょう。


今回も相続税の節税対策で、小規模宅地等の特例を取り上げます。

特例が受けられるためには、継続要件があります。

相続税の申告期限まで保有継続、事業承継が必要です。

しかし、相続人が急逝したらどうなるのか?


結論としては、相続人の相続人が継続要件を満たせば大丈夫です。



スポンサーリンク

継続要件

小規模宅地等の特例には、申告期限までの継続要件があります。


①事業用宅地等

申告期限までに事業を承継して継続することと、保有を継続すること。


②同族会社事業用宅地等

申告期限において役員であることと、保有を継続すること。


③居住用宅地等

申告期限まで保有を継続すること。

※配偶者には継続要件がありません。


④貸付事業用宅地等

申告期限までに、貸付事業を引継いで継続することと、保有を継続すること。



相続人の死亡

10か月の申告期限までの間に、相続した相続人が急逝することがあり得ます。

すると、保有などの継続要件を満たせなくなります。

しかし、このことで小規模宅地等の特例が受けられなくなるのは酷です。

そこで、急逝した相続人の相続税の申告期限までに、継続要件を満たせば特例が受けられます。


※相続税法27条第2項~相続人の死亡から10か月。


措置法通達69の4ー15 宅地等を取得した親族が申告期限までに死亡した場合

〔措置法第69条の4《小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例》関係〕|国税庁 (nta.go.jp)


【関連記事】


忘れずに受けたい「小規模宅地等の特例」。期限内申告で多額の減額!


相続人が遺産分割前に死亡した場合の小規模宅地等の特例、相続税節税


目次・小規模宅地等の特例のブログを検索しやすく。相続税を節税



相続税のプロの税理士へ

相続税のことはその道のプロ、詳しい税理士に依頼しましょう。

相続税はかなり特殊な税金といえます。

加えて、本当に詳しい税理士、いわゆるプロの税理士が実は少ないこと。

税理士は、全国に約8万人もいます。

しかし、相続税に詳しい税理士はほんの一握りです。


予期せぬ税金がかからないように、プロの税理士にご相談ください。

このブログで取り上げた小規模宅地等の特例は減額割合が大きいため、否認された場合の影響も大きくなります

したがって、プロの税理士に相談したり依頼することは、絶対といえます。


相続税のプロの税理士に関するブログもあります、参考になると嬉しいです。


【関連記事】


相続税は、相続税のプロの税理士が安心。【無料】で探せます


信頼できる税理士は、紹介サイトで探す。税理士が作成したランキング


実際の手順。理想の税理士探しは、税理士ドットコムなら簡単です!


目次・税理士関連ブログを検索しやすく。選び方、報酬引下げ



19個の節税対策一覧

このブログでは、19個の節税対策を取り上げ、さらに関連する項目も説明しています。



【関連記事】


目次・一覧、19個の相続税の節税対策を調べやすくしました!



まとめ

このブログがきっかけで、節税できることを祈念いたします。


なお、お困りのことがありましたら、お気軽に相談してください




コメント

タイトルとURLをコピーしました