墓地や仏具などの買入れで節税!相続税の節税対策・その15

仏壇相続税
この記事は約3分で読めます。

#墓地 #仏壇 #仏具 #神棚 #相続税 #節税対策


節税合法です。

大いに節税しましょう。


今回は、15個目の節税対策で、墓地や仏具などの非課税財産を購入するというものです。

なお、節税効果は大きいですが、注意点もあります。

このため、節税対策の実行では、慎重な検討が必要です。



スポンサーリンク

墓地などの非課税財産を購入

相続税は、ほとんどの財産が対象です。

しかし、例外があります。

相続税の対象にならない財産が、それが非課税財産です。


非課税財産を購入すると、その分だけ相続財産を減らすことができます。


非課税財産とは?

墓地、墓石、神棚、仏壇、仏具などです。

※相続税法12条。



これらは、税金の対象とすることが適当でないもの。

つまり、国民感情にそぐわないものです。

雑誌でも、「純金のリンを購入して節税」などと、取り上げられました。


(注意点)

①あまりにも高額なものを購入すると、当局から否認される可能性があります。

②購入前に、相続税を試算しましょう。

 当然ながら、相続税がかからなければ節税の意味がありません。

③ローンで購入して借入金が残っていても、債務控除はできません。

※相続税法13条3項。




相続税のプロの税理士へ

相続税のことはその道のプロ、相続税に詳しい税理士に依頼しましょう。


相続税はかなり特殊な税金といえます。

加えて、本当に詳しい税理士、いわゆるプロの税理士が実は少ないこと。

税理士は、全国に約8万人もいます。

しかし、相続税に詳しい税理士はほんの一握りです。


予期せぬ税金がかからないように、相続税のプロの税理士にご相談ください。

このブログで取り上げた墓地や仏具などの買入れで節税ですが、説明したとおりやり過ぎると否認される恐れがあります。

そこのところの加減は、常識の範囲内ということですが、微妙です。

したがって、プロの税理士に相談したり依頼することは、必須といえます。


相続税のプロの税理士に関するブログもあります、参考になると嬉しいです。

【関連記事】

相続税は、相続税のプロの税理士が安心。【無料】で探せます

信頼できる税理士は、紹介サイトで探す。税理士が作成したランキング

目次・税理士関連ブログを検索しやすく。選び方、報酬引下げ




19個の節税対策一覧

今回は15個目で、墓地や仏具などの買入れで節税 を取り上げました。



【関連記事】

目次・一覧、19個の相続税の節税対策を調べやすくしました!





まとめ

このブログがきっかけで、節税できることを祈念いたします。


なお、お困りのことがありましたら、お気軽に相談してください



コメント

タイトルとURLをコピーしました