四国水族館、魚の捕獲方法はどうするの?天才!志村どうぶつ園

水族館 バラエティー
この記事は約2分で読めます。

#四国水族館 #魚の捕獲方法 #天才!志村どうぶつ園

3月20日にオープン予定の四国水族館

展示する魚の目標は1万匹だが、まだ20匹

残り時間が限られるため、予定の魚を確保できるのか?

どうする、間に合うのか?

スポンサーリンク

展示する魚の捕獲方法?

水族館で展示する魚は、生きたまま捕獲しなければばりません。

そこで、素朴な疑問。

生きたままの捕獲って、どうやるの?

そこが気になったので、調べてみました。



網で捕獲する

生きたままの捕獲では、網、漁網で捕獲します。

しかし、水深の深いところにいる魚の場合は、釣りによることも。

展示したい魚は、いろんな環境で暮らしています。

したがって、いろんな場所に行って捕獲しなければ。

また、天候にも左右されます。

海が時化ると出漁できなくて、捕獲できません。

他の水族館から譲受ける

調べてみると、日本国内には、150以上の水族館があるようです。

その水族館から、捕獲が間に合わない魚を譲り受けることもできます。

相手方水族館の状況にもよりますが、余っている魚もあるでしょう。

漁師さんから譲受ける

漁師さんは頼りになります。

鮮魚の獲得を目指している場合、漁船の中に「生けす」を備えています。

そこで、漁師さんに頼んで、生きた魚をゲットします。

※もちろん、ちゃんとお金を支払います。

観賞用の魚を販売する店から購入

こういうお店は欠かせません。

中々入手できない高級魚とか、深海魚など、展示する魚の種類を増やすためにも、大切です。



まとめ

開館までのカウントダウンが始まる中で、目標の10,000匹は確保できるのか?

さらに、捕獲のあと、運搬はどうするのか?

興味は尽きませんが、頑張ってほしいです!

陰ながら応援してます、グッドラック!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました