嘘つきオオカミちゃんは誰、女子の可能性を予想!第5話視聴後に考察【月とオオカミちゃんには騙されない】

オオカミちゃんは誰?月とオオカミちゃん
この記事は約7分で読めます。

第5話までの女子メンバーの発言や、番組制作担当の意図までも考察すると、オオカミちゃんが見えてくる?

スポンサーリンク

「オオカミちゃんは誰?」に答えます!

番組は、第5話終了で中間地点のため、100%の予想は難しいです。

しかし、絶対とは言えなくても、かなり高確率で言い当てられそうです。

今回の女子は、6人。

1人ずつ可能性を探ると同時に、確率を%で書いてみます(独断と偏見で)。

結論は、ヒナちゃんが80%、ナナちゃんが50%と予想します。

大原 梓 10%

オオカミシリーズ7作目の今回のミッションは、アパレルショップを運営すること。

そのためには、オリジナルの服を、100着作らなければならない。

ショップが超人気店になることはほぼ確実。

番組としても、ショップに陳列して販売する服の製作には、メンバーで唯一の服の製作経験者、かつ、リーダーでもある「梓」ちゃんを脱落させるわけにはいかない筈

(梓ちゃんは、高校生の3年間、服飾デザイン科に在籍していた)

このことから、「梓」ちゃんにオオカミちゃんを頼まないと考えます。

オオカミちゃんが本来の活動で、メンバーの恋愛模様をかき乱せば、オオカミちゃん投票による脱落の危険性が高まることになる。

事実、第1~5話まででは、リーダーとしての行動以外には、自ら積極的に恋愛行動をとっていない。

梓ちゃんの第一印象・気になる人は、男子一番人気の「亨」君。

第3話で、亨君に対して好意を伝える行動を取ったことがあったが、積極的な行動はそれくらい。

ナナちゃんと莉音ちゃんに後れを取っている格好で、リーダーで自分の時間・アピールタイムがほとんど取れないことに、梓ちゃん自身も、もやもやしている。

中間告白で、亨に対して

「オオカミちゃんじゃないので、本当に信じて欲しいなと思います」と伝えている。

以上の内容から、梓ちゃんがオオカミちゃんである確率・可能性は、10%くらいと考えられます。

※可能性が「ゼロ」とまでは書けませんでした。

加藤 ナナ 50%

とにかく積極的な行動が目立ちます。

「ナナ」ちゃんが、第一印象から好意を寄せるのは「亨」君。

ナナちゃん本人が言うように、「友情と恋愛が同居する特異な環境のため、普段の500倍積極的に行く」という行動は、グループ内に大きな波紋を起こしている

「莉音」ちゃんの涙、「梓」ちゃんの戸惑いなど。

男子の一番人気「亨」君に対してのアクティブさ、それはオオカミちゃんだから?

メンバーはもちろん、視聴者までもがもやもやする展開は、番組の目指すところでしょう

番組の人気にも、大きく貢献しています。

それでも、オオカミちゃん確率を50%止まりにした理由は、「亨」君に対する一途さ。

中間告白では、亨に対して、

「本当にオオカミちゃんじゃないから、信じて欲しいです」と伝えた。

その後、亨から「オオカミじゃないって信じてる」と言われ、

「絶対違う」と否定しています。

他の男子にモーションをかけるという、かく乱行動が無い点

なお、女子メンバーは6人。

その中に潜むオオカミちゃんが2人以上のケースでは、「ナナ」ちゃんは当確だと考えます。

ヒナ 80%

消去法からすると、当確。

オオカミちゃんを疑われる行動は、「ヒナ」ちゃんと、「ナナ」ちゃんの2人くらい。

第1~4話までを、繰返し視聴すればするほど、ヒナちゃんの本命は「翔大郎」だったはず。

※AbemaTVに「会員登録」すれば、何度でも視聴可能です。

それが、中間告白で、まさかの大逆転で「コア」

第3話で「コア」のライブを鑑賞して、あまりの格好の良さに大いに感動した直後の第4話。

そこでは、「亨」の追及に対して、(コアは)

「(メンバーの中で唯一)同じアーティストとして、仲間意識が強く、恋愛の対象ではない」と発言。

それにもかかわらず、直後の中間告白(第5話)でコアを指名している。

この「ヒナ」の大逆転の言動は、普通だったら理解不能。

しかし、「ヒナ」がオオカミちゃんだったとしたら、大いに納得できるものといえます。

この言わば大波乱は大反響となり、同時に、視聴者を今後の展開に釘付けにするもの。

番組側にとっては「してやったり」、思惑どおりだったことでしょう

ではなぜ、80%なのか?

それは、

  • 「ヒナ」ちゃんからの積極的な行動が無いこと
  • 第4話の、演技とは考えられない大泣き

「ヒナ」ちゃんは、女子一番人気で、コア、ルーク、翔大郎の3人からの想いを集める存在のため、積極的な行動を取る必要が無かった。

もちろん、想いを伝えてくる男子に対しては、思わせぶりな、そして、はぐらかすような「言葉」を連発しています。

気になるところは、番組スタート前に、一番人気を想定できたかどうか。

番組がスタートしないと、分からない部分なので。

もっとも、人気の目印「赤いブレスレット」が3つも集中した時点で、オオカミちゃん行動は人気をバックにしたものに変更できます

つまり、「ヒナ」ちゃんからの積極的な行動は、その必要が無かったということ。

もう一つの大泣き。

第4話で、「コア」は、同じアーティストとしての仲間意識が強く、恋愛の対象ではないと発言した直後。

当の「コア」からの公開月ライン。

メンバー注目の中でデートの誘いがあり、みんなが去ったとろろでの「大泣き」。

ほぼ100%、演技ではなく真実の涙だったことでしょう。

もっとも、涙の意味は不明です。

  • 「コア」を翻弄していることに謝罪
  • 「翔大郎」に誤解を与えることへのお詫び

ハッキリしているのは、

女性の涙は、「昔も今も、男性を惑わす、あらがい難いもの」だということ。

なお、コアへの中間告白では、

「もしかしたら疑われちゃうかもしれないけど、それでもいいから、自分の気持ちに正直になろうって思えたのは、コアがあの時、誰よりもまっすぐ、気持ちを伝えてくれたからです」、

「絶対にオオカミちゃんじゃないから、最後まで信じてください」と発言しています。

岡本 莉音 10%

第一印象の「亨」君に、一途な思いを貫く「莉音」ちゃんに、メンバーの恋愛をかき乱す意図は感じられない

第3話では、「亨」君が「ナナ」ちゃんと買い出しに行ってしまい、せつない気持ちから「本気の涙」。

女性の涙でも、これは演技ではないと思われるものでした。

中間告白も「亨」君。

その際、

「莉音は、オオカミちゃんじゃないから、信じて欲しいです」発言。

なお、亨からは「頑張ってきてくれて、すごい個人的には嬉しかった。」

「だけど、結構妹感みたいなのがすごい強かったから、恋愛的な感情にはならなかった」と打ち明けられている。

第5話までの視聴では、オオカミちゃん確率はほぼ無しの10%。

松川 菜々花 10%

第1話では、第一印象の「陵介」から、赤いブレスレットをもらえなかったが、直後の「光のアミダ」でカップルになり、思いを告げるも返事は無し。

その後の第4話まで、積極的な行動がとれない「菜々花」ちゃん。

「陵介」は諦めて、「翔大郎」に気持ちを切り替えようかと悩み始める。

中間告白(第5話)では、自分に想いがないことを分かっている「陵介」に対して、「もう少し、自分なりに頑張ってみてもいいですか?」と発言。

これに対して「陵介」からは、(自分の気持ちが)「莉子ちゃんから変わることがないと思うので」と告げられてしまう。

どちらかというと、おしとやかな大和なでしこで、一歩引いてしまう性格そのままに、メンバーの恋愛をかき乱すそぶりもない。

莉子 10%

6人の女子の中で、最年少の17歳。(高校2年生)

第一印象の「コア」から「陵介」に気持ちが変わってしまう。

しかし、それ自体に不自然さは感じられなかった。

純粋な「恋心」に従って、一途に想い人を追いかける。

青春を謳歌するJKそのままに。

何より、17歳の「莉子」ちゃんには、オオカミちゃんは荷が重過ぎると考えられるところ。

陵介に対する中間告白では、

「私はオオカミちゃんじゃないので、信じてください」、「本当に」と伝えている。

それらの言葉は、真実のように聞こえてきた。

ドラマの今後に注目!

次回、2月9日(日)の第6話では、ついに、脱落者が発表される

はたして、復活はあるのか?

放送のテロップでは、「それは、まだ”はじまり”に過ぎなかった」!?

これは何か意味深。

「亨」は「ナナ」ちゃんに、「長い期間会えなくなる」と伝えるが、果たしてそれは何?

「梓」ちゃんの涙と、「なんかもう、どうしたらいいか分からん過ぎる」という発言。

このドラマからは、もう抜け出せません!!

【関連記事】

ヒナがコアを選んでオオカミちゃん確定?第5話の中間告白視聴で予想考察【月とオオカミちゃんには騙されない】

第5話の視聴後にオオカミちゃん予想。ヒナは確定?女子メンバーの素顔まとめ【月とオオカミちゃんには騙されない】

オオカミちゃんを見破れるのか?男子メンバーの素顔【月とオオカミちゃんには騙されない】

コメント

タイトルとURLをコピーしました