アパート建設で相続税を節税、その注意点の続き・その②

アパート経営相続税
この記事は約3分で読めます。

#アパート #銀行 #ローン #相続税 #節税 #注意点



節税合法です。

大いに節税しましょう。


今回は、アパート建設で相続税を節税の注意点の続きを取り上げます。





スポンサーリンク

続・アパート経営の注意点

前回は、「肝心な注意点!」として、アパート経営が収益を生むかどうか?入居割合が問題と書きました


今回は、視点を変えて考えてみましょう。

個人的には、余程の勝算がない限り、手を出すべきではないと考えます。



大規模修繕工事?

屋根の補修は10年~15年後に必要になります。

他にも、外壁の補修や張替?

これら大規模なもの以外にも修繕費用がかさみます。




少子高齢化の影響?

例えば、学校の近くなら学生の下宿などの需要が見込まれるのでしょうか?


ところが、世は少子化時代

今や学校法人も、生徒の減少で定員割れから経営危機などと、頭を悩ませているのが現状のようです。

しかも、少子化対策は容易ではありません。


もっとも、保育所などを巡る待機児童の問題は解消していない?

※保育士不足というネックもあり、簡単ではない?


反対に、老人ホームの需要は見込めるかもしれません?

しかし、素人経営が成功できるなど、正に夢物語とか?



相続人が借入金を引継ぐ!

相続税が大幅に減少するのは、大きな魅力といえます。

しかし、多額の借入金を背負うのは、嬉しいことではありません。

本当に大丈夫なのでしょうか?

慎重な判断、石橋をたたいても渡らない?


【関連記事】

アパート建設で節税には肝心な注意点が!相続税の節税対策・その13


建更






相続税や贈与税のプロの税理士へ

相続税や贈与税のことはその道のプロ、詳しい税理士に依頼しましょう。


これらは、かなり特殊な税金といえます。

加えて、本当に詳しい税理士、いわゆるプロの税理士が実は少ないこと。

税理士は、全国に約8万人もいます。

しかし、相続税や贈与税に詳しい税理士はほんの一握りです。


予期せぬ税金がかからないように、プロの税理士にご相談ください。

相続税のプロは、贈与税にも詳しいです。

このブログで取り上げたアパート建設で相続税を節税ですが、節税効果は大きいものの重大な注意点があります。

したがって、プロの税理士に相談したり依頼することは、必須といえます。


相続税のプロの税理士に関するブログもあります、参考になると嬉しいです。

【関連記事】

相続税は、相続税のプロの税理士が安心。【無料】で探せます


信頼できる税理士は、紹介サイトで探す。税理士が作成したランキング


目次・税理士関連ブログを検索しやすく。選び方、報酬引下げ




19個の節税対策一覧

このブログでは、19個の節税対策を取り上げ、さらに関連する項目も説明しています。



【関連記事】

目次・一覧、19個の相続税の節税対策を調べやすくしました!






まとめ

このブログがきっかけで、節税できることを祈念いたします。


なお、お困りのことがありましたら、お気軽に相談してください




コメント

タイトルとURLをコピーしました