「雲のむこう、約束の場所」新海誠 原著が192円。無料トライアル

この記事は約2分で読めます。

『君の名は。』の 新海誠 監督。


その新海誠監督 原作の長編アニメを、加納新太が小説化した「小説 雲のむこう、約束の場所」



31日間無料トライアルに申し込むと、192円で読めます!

その訳は、600円分のポイントゲットできるから。


※文庫本通常792円が192円・ポイントに

※31日間無料トライアルで、600円・ポイントゲット。



もしまだ読んでないなら、今がチャンス!



スポンサーリンク

31日間無料トライアル

31日間無料トライアルを利用すると、600円・ポイントがもらえます。

このポイントが、申し込み直後から使えます。


31日間の期間中に解約で、実質192円!

しかも、他の見放題映画なども見放題!!


これは、トライする価値あり



※このブログは、2020年6月1日時点の内容です。

 最新の配信状況は、U-NEXTサイトにてご確認ください。


【関連記事】

31日間無料トライアル!映画、ドラマ、アニメ、漫画、書籍や雑誌!


小説 雲のむこう、約束の場所

2018年 書籍 792円・ポイント作品

【内容紹介】

もうひとつの戦後の世界。1996年、日本は南北に分断されていた。

世界の半分を覆う共産国家群「ユニオン」は「エゾ」を支配下に置き、島の中央にとほうもなく高い、純白の塔を建造しつつあった。

その頃、青森県の津軽半島に住む中学3年生の藤沢浩紀と白川拓也は異国の大地にそびえる塔にあこがれ、飛行機で国境の津軽海峡を越え、塔まで飛んで行く計画を立てていた。

しかし、浩紀が口を滑らせたせいで、クラスメイトの沢渡佐由理にばれてしまう。

幸いサユリはその飛行機、ヴェラシーラに強い関心を持ち、計画の共犯者になってくれる。

浩紀たちと佐由理は、「ヴェラシーラが完成したらサユリを塔まで連れていく」と約束を交わす。

ヴェラシーラが完成に近づくにつれ三人の仲も深まるが、サユリはある日、突然、浩紀たちの前から姿を消してしまう。

その約束も果たせぬまま……。

原作小説半額キャンペーン

映画『天気の子』配信記念!



新海誠監督原作小説5タイトルが、半額になるキャンペーン

※U-NEXT限定の記念キャンペーンです。



【期間限定】
 
2020年6月16日(火) 23:59 まで

  • 小説 天気の子
  • 小説 君の名は。
  • 小説 言の葉の庭
  • 小説 星を追う子ども
  • 小説 秒速5センチメートル

目と耳で観るアニメーションとは違い、言葉で感じ入る原作版の“新海誠ワールド”も必読です。


今がチャンス!

コメント

タイトルとURLをコピーしました