「ニーズや目的」で探す理想の税理士。税理士探しのポイント

ニーズや目的税理士
この記事は約4分で読めます。

#ニーズや目的 #理想の税理士 #税理士探し #ポイント


初めての税理士探しや、現在の税理士を、何らかの理由で変えたいとき。


6つのポイントで税理士を探しましょう!

  1. ニーズや目的
  2. 業種に強い税理士
  3. 利用中の会計ソフト
  4. 業務内容と価格
  5. 所在地や体制
  6. 人柄など


まずは、その①「ニーズや目的」で探す。



スポンサーリンク

①ニーズや目的で探す

税理士を探す理由は様々です。

つまり、なぜ、どんな税理士が必要なのか。


ニーズに合った、そして、トータル的にも最適な税理士に出会いたいものです。


【ニーズや目的の例】

  • 顧問税理士を探している。
  • 確定申告を任せたい。
  • 相続税の申告をプロの税理士に。
  • 会社設立からのアドバイザー。
  • 税務調査への対応。
  • 節税に積極的な税理士。
  • 資金繰りの経験も豊富。
  • 補助金・助成金はもれなく申請。
  • 事業承継にも取り組みたい。
  • 月次決算を行いたい。
  • 記帳代行をして欲しい。
  • 給与計算・社会保険・年末調整も。 


顧問税理士を探している

困った時はもちろん、事務所が近所で、いつでも気軽に相談できる。

経験豊富で、調査をにも強い。

そんな頼りになる、税務のドクター!


確定申告を任せたい

所得税の確定申告は、信頼できる専門家に頼みたい。

税務署に行けば無料で申告できるらしい。

だけど、長時間待つのは嫌。

多少の費用を払っても、マイ税理士に一任。


相続税の申告をプロの税理士に

相続税は、普段、税金の申告に馴染みの少ない方がほとんど。

さらに、相続税に詳しい、相続税のプロの税理士は、実は少数です。

詳しくないと、使える特例や制度を失念して、思わぬ税負担にも。


会社設立からのアドバイザー

税務署への各種届出だけじゃない。

定款作成や、登記の手続きもできる、行政書士の資格も保有する税理士。


税務調査への対応

税務署の言いなりは最悪。

毅然と応対し、追徴額は最少にしたい。


節税に積極的な税理士

やり過ぎではない節税策、合法で否認されない節税をしたい。

聞いたことに答える受動型ではなくて、積極的に提案してくれる能動型の税理士。

納税者に寄り添い、納税者の強い味方。


資金繰りの経験も豊富

融資に強い経理処理にも詳しい。

銀行などとの交渉が的確で、スピーディーな税理士。


補助金・助成金はもれなく申請

制度、期限を知らないと受けられない。

経験豊富で、積極的。

事業の方向性や普段からの取組みでも、補助金等を考慮したアドバイスを受けられる税理士。


事業承継にも取り組みたい

後継者不足は、あらかじめが肝心。

普段からの後継者育成と、それに対するアドバイスが受けられる。

税制面でも、事業承継に詳しい税理士。


月次決算を行いたい

事業やマネーフローの現状を把握したい。

専門家としてのアドバイスが欲しい。


記帳代行をして欲しい

日々の伝票から帳簿作成、それらに基づく月次決算まで頼みたい。


給与計算・社会保険・年末調整

給与からの源泉徴収や扶養控除の判定など。

さらには、社会保険の手続きに加え、年末調整まで頼みたい。




税理士ドットコムがお勧め

ニーズや目的で税理士を探すなら、税理士紹介サイト「税理士.com」がお勧めです。

税理士紹介サイト


【お勧めのポイント】

登録税理士の多さ、 5,668人

紹介サービスの運営を始めて 14 年

紹介件数 50,000 以上の安心実績。

相談件数の多さ、 121,000件以上

信頼できる税理士探しをサポートしてくれます。


無料です。


まずは、相談だけでも!


公式サイトはこちらです。



まとめ

このブログでは、税理士探しのポイント、その①「ニーズや目的」で探すについて、書いてきました。


理想の税理士に、きっと巡り合えます!


最後までお読みいただきありがとうございます。


なお、困ったことがあれば、気軽に相談してください。


【関連記事】

目次・税理士関連ブログを検索しやすく。選び方、報酬引下げetc.



コメント

タイトルとURLをコピーしました